» 画像のブログ記事

漢字の面取文字

| 日記, 画像 |

今回は漢字のC面取文字のご紹介です。

C面取とはエッジを斜めに削ぐ加工の事を言います。

ちなみにC面取のCは「chamfer」の略だそうです。

 

C面取文字の特徴は見る角度によって印象が変わる所にあります。

特に看板用の切り文字は目線よりも上に取り付けられる事が多いので

ストレート文字とはまた違った印象になりますね。

 

さらにゴールドメタリックの塗装を施すことで、

華やかさがより引き立ちます。

ウレタン塗装で屋外でも使用できますし、

材料にカルプを使用していますので非常に軽いです。

そのため、両面テープだけで取付も可能です(屋内で平面に限られます)

 

ウレタン塗装の色はソリッドカラーからメタリックカラーの調整が可能です。

日塗工であれば調色もばっちりです。

ぜひ一度ご検討ください。

木材家具のパーツ

| 日記, 画像 |

今回は木材加工をご紹介します。

こちらは木材家具に使用するためのパーツになります。

大きさは45㎜角程度。木材はタモ材を支給して頂き加工しました。

 

レーザーカットでは深さを指定した彫刻や溝引きなどの加工ができないため、

CNCルーターで製作しています。この他にもC面取りやR面取り加工も可能です。

 

弊社が所有するCNCルーターの有効ワークスペースは1200×2400㎜ですので

大型の木材カットも可能です。

今回は突板を貼った木材の切り文字のご紹介

一見タモの無垢材の様にも見えますが、実はタモの突板を貼った木材の切り文字です。

突板というのは無垢の木材を薄くスライスした物を言います。

それを別の材料(ベニヤやMDFなど)に貼ることで見た目を無垢の材質に見せることが出来ます。

 

当然カット断面は違う材質になってしまいますが、レーザーカットで木材を

切る場合はカット断面は焦げ色になりますのでカモフラージュされます。

もちろんルーターカットにおいて焦げ目を付けずにカットは出来ますし、

見栄えも無垢板のように見せる事もできます。

 

また文字数や厚み、大きさ等にもよりますが、無垢板より突板の方が

比較的安価に製作できると思います。

内照式看板

| 日記, 画像 |

先日はLEDモジュールを使用して内照式の看板の製作を行いました。

お店の看板として使用されます。

文字や柄はアクリル切り文字やシート切り文字で表現する事が多いですが

今回は厚みを持たせるためにカルプを使用して表現しました。

また外側はステンレスの箱を作り黒の焼付塗装をしています。

ベースにはアクリル乳半を使用して光が投下する様になっています。

またLEDモジュールは防水されたタイプの物を使用していますので屋外での使用も可能です。

オーソドックスな作りの看板ですが、目立ちますしオススメです。

 

看板の修復作業

| 日記, 画像 |

先日、地元の建設会社さんから現場に掲げる許可票を修復してほしいという依頼を頂きました。

 

年季の入ったその看板は昔ながらの手書きタイプの物で、

さすがに昔の看板屋さんは字が上手いと改めて思い知らされました。

 

歳月とともに文字がかすれてしまい、見えにくくなっている

部分もありましたので世代交代を機に修復をすることに。

下地の文字が浮き出ない様に表面はペーパー掛けをし、

その上にグレーの塩ビシートをパネル巻込みで貼り、

文字や区分けは黒ツヤのシートを貼りました。

 

手書きと違い味は出ませんが、キレイに仕上げる事ができ

お客様にも喜んで頂きました。

カレンダー

2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー