カルプの刃物

刃物のご説明

 

刃物50

刃物は機械のメーカーが独自に開発している為か、そのユーザーしか

利用出来ないのが多い現状です。

理由は色々有ります、機械の特性や安全性など考えられますので一概に言えないのですが、金型や金属加工など

いわゆるNCの世界は全く違います、何百何千と各刃物メーカーから様々な刃物が提供されています。

「危険な物」という認識の上でこの問題に何か矛盾を感じて調べていく内に、責任という壁に行き渡りましたが

別段、機械メーカは自社以外の刃物は使わないで下さいと言うだけで、保証する範疇でもなければ、対応も無いのが現実です。処が刃物メーカはあらゆる角度から研究開発し剛性を保った様々な刃物を提供しています。

裾野の広さももちろんありますが、私たちの分野では単純に刃物を手に入れることが簡単には出来ません。

 

高回転で回転するサーボモーターにむやみに刃物を入れ使用することは非常に危険なことです。

現実に装着した刃物がスイッチを入れただけで、折れ飛散する事が有ります。

大けが、もしくは失明や死も伴う、とても危険でリスクの多い無謀な冒険です。

 

でも、あくまでも自己責任でこれを乗り越えなければいけません。

助けが要ります、それは専門家の方々です、必死で探してきました、多くは分野の違いで手がけてはくれませんでした、又、ロッドの問題で断念せざるを得ませんでした。

しかし、もの作りの情熱は或る方々を動かしました、そうして試験的に作られた刃物との戦いが始まりました。

正に戦いです、オペレーターの僅か数センチの脇を砲弾の様に飛び散る鋭利な刃物の破片! 命がけです。

全てが、よりキレイに、より細く長くと限界を見極める為にテストを繰り返して来ました。

それぞれのメーカも同じようにそれを繰り返し最大公約数的な刃物の提供に至っていると思います。

 

トンボは刃物メーカでは有りません。

先に述べました経緯があります。より前進したいとやってきました。

或る条件の下で安心が優先する刃物の形状に辿り着きました、結果は従来の物から比べると格段に要望を満たす

物になってきました、同じ思いの方々に独自に開発が出来ない方々にこの刃物を提供出来たらと考えました。

それが、このページを作る動機です。

とても危険な事かも知れません、条件も違い環境も違う不特定な方々に提供する事に抵抗がありました。

しかし同じ思いの方々の要求を満たしてあげたい一心で、あえてご賛同願える方々に情報として提供しようと

考えた次第です、申し上げるまでもなく各人の自己責任でチャレンジして頂ける方のみ限定です。

 

※ 追記

昨今、カルプ材に限らず芯材の発泡度が著しく変わってきております、高発泡化し素材に変化が出ています。

もちろん切れ味に変化が見られます、困った現象が起きているのは現実です。メーカの再考を切に望みます。

 

前のページへ戻る

製作可能な刃物

 

50ミリ刃

カルプ50mm専用刃です。

シャンク6φ・刃径 6mm
刃長:57mm・全長≒90mm

一回切りが出来ます。

 

30mm刃

カルプ30mm専用刃です。

シャンク6φ・刃径 4mm
刃長:35mm・全長≒80mm

一回切りが出来ます。

 

20mm刃

カルプ10〜20mm専用刃です。

シャンク6φ・刃径 3mm
刃長:26mm・全長≒65mm

一回切りが出来ます。

 

 

直刃(MDFや木)


ビット

MDF用直刃3φ

シャンク6φ・刃径 3mm
刃長:14mm・全長≒45mm

9〜12mm 厚一回切りはOK

 

MDF用直刃4φ

シャンク6φ・刃径 4mm
刃長:22mm・全長≒55mm

9〜21mm 厚 2〜3回切り

 

MDF用直刃6φ

シャンク6φ・刃径 6mm
刃長:32mm・全長≒65mm

MDF 30mm  3〜4回切り

 

 

 

市販の刃物(ルータービット)の刃長よりワンランク上の厚みがカット出来ます。

※ MDFは硬度のクラスが有るのをご存じですか? 硬度の低い物をお選び下さい。

 

 

使用するマシーンの特性や詳細の設定等は、各人の責任で行って下さい。
ここで、ご提供出来る内容は寸法のみです、諸々は刃物メーカ様の技術ですので公開出来ません。

 

 

カットsample

カット見本の写真、右側(C)が、現在の刃物の状態です。見にくいかも知れませんが、肌の粒子が違います

 

MDF21mm

MDF 21mmと9mmのカット状態です、 21mmは刃経4mmの刃物で2回切りです。

 

刃物は高速で回転します、切り屑のハケがとても重要になってきます、金属と違って柔らかい素材をいかにキレイにカットするかが技術者の頭痛の種だそうです、サーボモーターの回転や送り速度の微妙な設定でも切り肌は、変わってしまいます。

同業種の方々のご意見をお待ちしております、横浜のもの作り地区で育ちました、近隣の情報交換はとても貴重な技術の高揚に繋がります、試行錯誤の苦い経験や成功例などが聞けたら幸です。

最近流行の twitter や Facebook に参加すれど、さっぱり^^なじめないのは困った物です。

 

前のページへ戻る

 

 

 

 

ライン

データ
■ データーのご案内
カットや彫刻などのアウトラインのご説明データーでお困りの事とか、データが無いなどのご相談案内です一度、ご覧下さい。
詳細へ
Q&A

■ Q&Aコーナー
いろいろな疑問にQ&Aでお答えします。
データーや可能な素材などトンボへの疑問や
ご質問を詳しくご説明します。

Q&Aへ

お客様の声
■ お客様の声
卒業制作の作品や一般のお客様からのお便りをまとめました。
とても素晴らしい作品ばかりです。
詳細へ
お役立ちコーナー

■ お役立ちコーナー
トンボの技術でお役に立つ事をまとめました
マルチカット・レーザー加工・サンドブラスト加工の組み合わせ等々ご紹介します。

詳細へ

特殊な技法
■ 加工方法などのお問い合わせ
なやんでいませんか? どんなことでも
お問い合わせください、簡単フォームから
ご質問ください、抜け出せるかも^^
詳細へ
刃物の事

■ 加工品の詳細ページへ
トンボの各加工品を詳しくご説明しておりますアクリル切り文字やカルプ文字からカット品・レーザー彫刻などの参考写真もございます。

詳細へ

 

マルチカットトンボ
ご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください! メーラーが起動します

Copyright (C) 2008 Multiカット トンボ., All Rights Reserved.

<空>