こんにちは!

昨日の雪騒動はなんだったんでしょうか。

結局雨に変わったのに都心の交通機関が麻痺状態になる

など色々と天気予報に振り回された一日でした。

 

さて今日は「ステンシルテンプレート」をご紹介しましょう。

ステンシルテンプレートとは

文字や模様などの形で切り抜かれた板のことをいいます。

主に製図やレタリングなどに使用されています。

トンボではお客様が自分でデザインしたものを形に出来ます。

 

市販されている物は・・・

ステンシルテンプレート

ですが、トンボが作ると・・・

ステンシルテンプレート

こうなります。

それ専用に作ることが出来る訳です。

 

使用する板の素材は「ポリカーボネート」(以下ポリカ)

と呼ばれる素材で、警察の特殊部隊などで使用されている盾などにも

使われている非常に頑丈な素材です。

ステンシルテンプレートに使うポリカの厚みは0.5mmと薄いですが

ちょっとやそっとじゃあ割れません。

板自体が透明なので位置あわせも楽に出来ちゃいます。

 

実際に作って見ました。

加工はトンボのレーザーカットです。

お客様にお作りする場合もこんな雰囲気になります。

文字に入っている筋ですが、抜き文字になるので

例えば数字の0の輪の中がそのままだとなくなってしまいます。

それを防ぐために筋を入れて本体と繋ぎとめてやる必要がある訳です。

 

また関係のない場所にも筋が入っていますが、筋がないと

とてもアンバランスな印象になってしまいます。

そのため、関係のない文字にも筋を入れています。

 

使用方法ですが、まず文字を塗装したい場所にステンシルプレートを固定します。

しっかりと止めて上げないとインクが漏れて綺麗に仕上がりません。

周りはしっかりとマスキングしていきます。

 

準備が出来たらスプレーで塗装していきます。

スプレーを斜めから吹くと、プレートの隙間に入り込んで汚れてしまうので

プレートの真正面から吹くようにします。

 

満遍なく塗れたら、少し乾くのを待ちマスキングを外していきます。

すると文字の部分だけが綺麗に出てきます。

これで完成です。

 

もちろんプレートは洗って何度でも使用できます。

洗うときは手洗いがいいでしょう。

スポンジなどを使うと引っかかってあまり良くありません。

 

もちろん文字以外にも模様だって製作可能です。

デザインにお悩みの型はトンボがご提案をさせて頂きます!

その際は是非ご相談ください!

 

担当 稲本

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー