» 2017 » 7月のブログ記事

こんにちは!山口です。

皆様このお暑い中、いかがお過ごしでしょうか?

これから全国各地で、夏祭りや花火大会などの夏のイベントが開催され始めますね!

皆様はどこか行かれる予定はありますか?

ちなみにわたしは、神宮外苑花火大会に行くのが今年の夏の楽しみです☆

 

さて今回は、こちらの人工大理石に塗装したロゴマークの紹介をさせていただきます!

さて一体このパーツは何になるでしょうか?

正解は……

こちら!!

馬を模したロゴマークでした!

大きい文字は10mm厚の人工大理石を、5Rの面取用の刃物を使用し、CNCルーターでカットしています。

小さい文字は、一文字Hが30mmと小さいので3Rの刃を使用しています。

CNCルーターでカットした小口はカット面にバリや凹凸が出来るので、ペーパーをかけて小口を滑らかにしていきます。

塗装する上で小口をきれいに磨くことがとても大切な作業になってきます。

 

下記の写真はそれにシルバーメタリックと黒に塗装した物です。

塗装する前と後では印象がガラリと変わってきます。とても滑らかでツヤがあり高級感溢れる一品になりました。

人工大理石での加工品はそのままでももちろん高級感は出ますが、塗装するとより一層重厚感が出て、作品に磨きをかける事が出来ると思います。

下の写真2枚目をよく見ていただくと、実は奥に見える足を他の所と厚みを変えているのがわかりますか?

少し立体的に見えるように工夫し、そして手綱の所は馬と区別をつけるためにストレートカットにしてみました。

こういった細かな表現が作品により一層深みを与えてくれるのだと思います。

 

 

株式会社トンボは皆様のアイデアや希望を可能な限り形にしていきたいと考えております!

ぜひお気軽にご相談ください!

担当 山口

人工大理石の切り文字

| 日記 |

こんにちは!山口です!

梅雨真っただ中ですが皆様どうお過ごしでしょうか?

梅雨が明けたらいよいよ夏ですね!今からとても待ち遠しいです!

 

そして今日は人工大理石の切り文字についてアップしていきたいと思います!

 

人工大理石のカットは、先日のブログでも出てきましたが、CNCルーターという機械で

切削、加工しています。下の写真の様に、1本の刃物を回転させ、段階を踏みながら

除々に形を作っていきます。

 

写真のように、C面取り加工することによって、角が落ちてより立体感が増し、

人工大理石の良さが引き立つと思います。

 

CNCルーターは人工大理石以外にも、木の切り文字もカットする事ができます。

下の写真は、ヒノキの9mmをC面取りでカットている所です。角をカットしているのでとても柔らかい印象に出来上がりました!

角の処理によって出来上がりの印象が変わってきます。

どんなイメージにしたいか、どういった材料がよいかなどご相談も承っておりますので、

この機会に切り文字カット加工のご注文は是非株式会社トンボにご連絡ください!

 

担当 山口

カレンダー

2017年7月
« 5月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー