» 2013 » 10月のブログ記事

先日の続き

| 日記, 画像 |

こんにちは!

先日は真鍮の塗装に彫刻をしたお話でしたが

そのときに出たアルマイト加工のアルミを紹介します。

 

アルミニウムは空気中にさらすと、表面に薄い酸化皮膜を作ります。

この皮膜はアルミニウムの表面を保護し、腐食を防ぐ働きがあります。

この酸化皮膜を人工的に厚くしたのがアルマイトです。

 

このアルマイトをレーザー彫刻で削ることで、素地を出すことが出来ます。

レーザーで削り込んでいくので、削れた部分は若干ざらつきます。

ただ見た目はなんの問題もありません。

 

型に嵌めて4種類の彫刻を一度に加工しています。

加工に使っているのは2mm厚のチップボール紙です。

 

完成品はこちら

製作時間は大体15分ほどです。

 

この様にアルマイト加工がされている物で加工面が平面であれば、なんにでも彫刻が出来るわけです。

こういったご依頼はいつでも大歓迎ですので、お気軽にご相談ください。

真鍮の文字彫刻

| 日記, 画像 |

こんにちは!

冷え込んで着ましたね。

気がつくともう10月も終わりです。

トンボも引越しを終えて1ヶ月が過ぎました。

やっと工場も片付き、落ち着きを取り戻しつつあります。

 

さて今日は真鍮の彫刻文字です。

真鍮とは銅と亜鉛の合板で、見た目は美しい金色になっています。

基本的には錆びや易い素材なので、注意が必要です。

 

こちらは真鍮の箱文字に対して黒塗装を表面にしてあります。

そこへトンボ自慢のレーザー加工機でレーザー彫刻を行いました。

 

そうすると、表面の塗装のみが剥がれて下地の真鍮が顔を出すわけです。

写真では分かり難いですが、かなりシックでかっこいいです。

真鍮にはクリアが塗装されているので、黒の塗料の食いつきもよく

簡単には剥がれないようです。

 

似た加工でアルマイト加工されたアルミにレーザー彫刻をしても

同じような雰囲気になります。

 

今回はテストでしたが、製品としても十分に可能性のありそうな内容でした。

興味のある方は是非一度ご相談ください!

 

切り文字やレーザー彫刻・カルプ文字の事は、マルチカットトンボにお任せください!

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー