加工品ギャラリー

前のページへ戻る

※画像をクリックすると拡大表示されます。

象嵌 ・ アクリル+複合板

象嵌加工は精度が命です。

0.1mm〜精度を合わせられますが、取れなくなってしまいますので
0.2mmの摺り合わせで行っております。ステンレスなどはレーザーでなければ加工できませんが、ライトニュームなどの複合板はレーザーでは切れません。
共にマルチカットで切るのがベストです、アクリルをレーザーで切る事も出来ますが、精度に多少の誤差が出ます。


問題が一つ有ります、ミーリングは内角のエッジが1.5R~2R出てしまうことです、それに伴いアクリル側にも内角に合ったRをデーターで付けなければならないことです。

前記したようにレーザーで切れない素材の場合は精度を求めるならミーリング加工が良いと思います。何といってもライトニュームは材料費が安い利点があります。



前のページへ戻る


看板制作 プライムツーワン

プライム21 会社案内 ご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください! メーラーが起動します

トンボ ページトップへ戻る

Copyright (C) 2008 Multiカット トンボ., All Rights Reserved.